「透明感ある肌」ってどういうこと?透明な肌の特徴

215月 - による admin - 0 - beauty

最近よくスキンケアで、「透明感」という言葉を耳にしますよね。
少し抽象的で、分かりづらいと感じている人も多いのでは?
若い頃は、何もケアしていなくても、自然と透明感あふれるお肌を維持できていたはずです。
しかし年齢と共に美肌に必要な成分が少なくなっていってしまうため、なかなか美肌を維持することができません。
そのため、大人女子は意識的に透明感あふれる肌作りをしていく必要があるのです。
そもそもお肌のきめが細かくなければ、どんなにメイクしてもてメイクのりが悪く、透明感は出せません。
それでは、透明感ある肌に見られるためには、具体的にどのような肌を目指していけばいいのでしょうか?

○凹凸のないお肌

肌に透明感があれば、綺麗な光を反射することができ、肌がツヤツヤに輝いたように見えます。
それは人工的な光ではなく、肌の内側からあふれ出てくるような潤いであり、自然な光です。

そんな透明感ある肌には、凹凸がありません。凹凸がなくてなめらかだからこそ、光があたった時に奇麗に反射されるのです。

ニキビ跡や古い角質があるままでは、お肌がデコボコして見えてしまいます。これでは
光があってもお肌の内部まで入り込まず、乱反射して綺麗なツヤは出ません。

○角質のない肌

角質のない肌であれば、お肌の透明度はアップします。
しかし、年齢を重ねて肌代謝が遅れてきていると、古い角質が残ったままになってしまい、キメが乱れてしまいます。キメが乱れてしまったお肌は、どんなに色が白くてもツヤが出にくく、潤って見えません。
ターンオーバーを整えていくことも大切です。

多くの大作に主演し、世界中を魅了した映画女優オードリー・ヘップバーン。
大きな目に形の良い上品な口元、細い体にチャーミングな笑顔。
いくつになっても美貌が消えなかったオードリーですが、普段、その美を保つためにどのような努力をしていたのでしょうか?

今回はオードリーの息子でもあるルカ・ドッティさんが、オードリーの美貌の秘密についてオープンにしてくれました。

○人生を楽しむ

オードリー・ヘップバーンは、常に前向きだったようです。
いくつになってもまるで少女のようにピュアで繊細。
感性が豊かで、小さなことにも喜びを見つけ、子供のようにはしゃいでいたことがあるようです。

一日を大切に生きていたといいます。
病気をしてしまいましたが、気にする素振りをも見せず、他の人のことを心配していました。
生きること、人生そのものを楽しんでいたのが、若々しい美の秘密だったのでしょう。

○主食はジャガイモだった

オードリー・ヘップバーンの主食は、なんとじゃがいも。母親がオランダ人、父がアイルランド人ということもあり、主食でもあるジャガイモを主食とするのに抵抗はなかったようです。
じゃがいもにはビタミンCもたっぷり。
オードリー・ヘップバーンの美肌の秘密は、じゃがいもにあったのかもしれませんね。

○水をたくさん飲む

オードリーは、一日にたくさんの水分をとることを、息子のルカさんにもすすめていたといいます。
現代でこそ、水をたくさん飲むことはダイエットにも健康にも欠かせないと言われていますが、オードリーはまさにその先駆けだったようです。水をたくさん飲むこと、野菜をたくさん食べることが習慣だったのです。

表参道駅 美容室 求人