美容師はオシャレ

17月 - による admin - 0 - beauty

美容師のイメージと言えばオシャレでセンスがあって男性ならカッコよおく、女性ならとてもきれいで、しかもテキパキと仕事こなしている様はみなが憧れるような立ち振る舞いですよね。そういった美容師に対してお客さんは憧れと同時に少しコンプレックスを持って来店する事が多いと思うのです。極端に言えば来店する前から「こんな髪で美容室へ行くのは恥ずかしい」とか「美容室へ行くのだからオシャレをして行きたい」と思ったりすることがあるのではないでしょうか。それはおそらく内心で「美容室のみんなはとてもオシャレにしているのだから自分がみっともない恰好をしていくとバカにされるのではないか」とか「あのオシャレな美容室へ行く刺客が自分にはあるのか」と言ったことを考えてしまうかもしれません。それぐらい美容師の存在と言うのは輝いて見えるものです。おそらく本当に「このお客さんはよくこんな格好でうちの美容室へ来たな」というような事を思う美容師と言うのはいないと思いますし、いたら問題だと思うのですが、それでもどこかお客さんはコンプレックスを抱えた状態で来店する事でしょう。軽く言えばちょっと緊張した気持ちで来店するものです。そういったお客さんの気持ちを解きほぐしてくれるようなお店だと行きやすいですよね。

美容師の権限

みなさんは今決まった美容師を指名して担当してもらっていますか?自分の気に入る美容師と言うのはなかなか見つからないものですよね。美容師とお客さんの関係というのは、色々と複雑な気持ちが絡み合っている様な気がします。それはそもそも美容師と言う存在がお客さんにとって色々な意味合いを持つからだと思われます。美容師はお客さんに対して、他のショップ店員などと同じように「大切にするべきお客様」という感覚を持っていると思うので、いかにしてお客さんを喜ばせるか、という事をとても考えてくれる美容師が殆どです。つまりお客さんに対してとてもへりくだった態度をする美容師です。ですがその一方で、美容師はお客さんの容姿を左右する「ヘアスタイル」を作る仕事ですから、お客さんにしてみればその美容師に自分の容姿を任せているのと同じです。美容師は自分が美容師である、という権限でもってお客さんのヘアスタイルをどの様にでも出来る、という存在でもあります。極端に言えばお客さんは美容師の機嫌を損ねると、自分のヘアスタイルがとんでもない事になる、という覚悟をしなくてはならないかもしれません。確かに美容師は長年ヘアスタイルや髪の毛について学んできている人たちで、尊敬すべき存在です。時としてそれがお客さんから「上から目線」と美容師が思われてしまう要因を作っているかもしれません。

Pickup site !!

「安いから可愛くなれない…」なんて事はない!
蒲田にある美容院
貴方に癒しの空間を提供してくれる♪
横須賀にある美容院
あなたの「欲しい」がすべて叶う☆
自由が丘にある美容院