美容師を悩ませるクレーム

17月 - による admin - 0 - beauty

美容師たちが、美容師と言う仕事をしていて「辛い」と思う事の中には「お客さんからのクレーム対応」という事があると思います。辛いのはどんなに自分は悪くない、と思っていても相手がお客さんである限り、「あなたが悪い」とは言えない事でしょう。悔しい思いをしたりそのお客さんとの関係に頭を抱えた事のある美容師は少なくないでしょう。特にまだ若くて経験の浅い美容師であればそういったお客さんとの関係がトラウマになってしまう事もあるかもしれません。美容師を辞める人が多いともいいますが、そういった経験がもとで美容師を続ける自信を失う人もいるのではないでしょうか。ですがお客さんにとっても「美容室に来てキレイにしてもらう」という事はとても楽しみな事であり、自分の容姿の良し悪しを美容師に預ける覚悟で来店しているのです。そこで何かあった時には声を荒げたくなってしまう気持ちもわからなくはありません。一度何かが起こってしまうとそのお客さんはもう来店してくれないかもしれませんし、そうなってしまうとそれはお店の損失にもつながります。ですからクレームは美容室にとってはできるだけ避けるべき事態だといえるでしょう。どうすればお客さんと良い関係性を築くことができるのか、クレームに発展するまでにおさめる事が出来るのか、美容室側の対策が必要でしょう。

美容室への意見やクレーム

美容室と言う所は、ヘアスタイルを整えるところではありますが、美容師の仕事としては技術職と言うよりは接客業的な面も大いに持っているものです。接客業につき物なのはお客さんとの間のトラブル、いわゆるクレームですね。美容室においても大なり小なりクレームの対応に美容師は追われる事になります。美容室での苦情と言うのは、大きく分けて施術中のトラブルと仕上がりのヘアスタイルに対する苦情、お客さんが帰宅された後の苦情、という事になると思われます。みなさんはクレームとまではいかなくても、美容師の皆さんに対して何らかの意見をした事があるでしょうか。普通に考えるとなかなか美容師の皆さんに文句や苦情を言うのは勇気のいる事のように思われます。ですが美容室において使われているのはハサミや薬剤、といった危険の付き纏う物でもありますし、ヘアスタイルといえば自分の外見を左右する大切なものですし、髪の毛や頭皮は自分の体の一部でもあります。そう考えると美容師の皆さんにはいつも慎重であってほしいと思いますし、何かあったらすぐに伝えたくなる気持ちはわかります。それでもどこかで「こんな事を言うのは…」と躊躇してしまうのがお客さんの心理というものかもしれません。そういうお客さんがいる一方で、美容師を悩ませるようなクレームを付けるお客さんもいるようです。

TOPICS

毎日鏡を見るのが楽しくなっちゃう!
新宿にある美容院
安心できる柏のアンティーク雑貨サロン☆
柏にある美容院
お客様の笑顔を創れる悦びを大事にしております
立川にある美容室